写真いろいろ公開中!一眼レフで写真を撮る!***きまぐれしゃしん帖***


Home  > スポンサー広告 > 木梨憲武展 > アートなスポット > 木梨憲武展

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

木梨憲武展

2014/08/12(Tue) 00:22

またまた更新の時間が空いてしまいました。
なかなか写真を撮るというのは撮り始めたらガンガン行くのに、
何かの合間にっていうのは簡単なようで難しいですね。

さて先日行った木梨憲武展
ノリさんファンというわけではないのですが、本業=アーティストではない人の描くアートはどんな物だろうと
気になって訪れました。
幾つか個展をやっていましたがここが一番人気です。

001.jpg
このポストカードだけ見ても、同じ人の作風には見えない。
こういうのが自由でいいなぁと思います。

002.jpg
マグネット。
マグネットマニアは見ると買ってしまう・・・(笑)


他にも
レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?



コレクション展 I  透過と反射

こういうのもやってましたが、ノリさんが一番人気でした。



金沢ってアートな街としてポジションを定めようとしていて、ギャラリーも点々とあるのですが
かしこまった美術や日常と一線を画すものが多いなと思います。
レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?の中に「見えない庭」(リンク下の方に写真有)っていうのがあって
パッと見は囲いの中にある庭なんですけれど、実はよく見ると自分が向こうに写ってて、
ああ、反射しているんだというのが分かります。

で葉っぱがリアルなのか造り物なのかじっと見てても分かりづらくて
思わず触れて確かめたくなる・・・でもダメなんです。当たり前なんですが。
ダメなんだけれど、見るだけだとその探究心は消えて謎なまま帰るんですよね。

私ならあれがもったいないなと思います。
探究心があってこそ興味を抱き理解が深まり考えがシンクロする・・・
金沢にはいろんなアートの形があっていいなと思うから、そういう触れられる作品が
もっともっとあれば来るのも見るのも楽しくなるだろうなと思います。
まぁ、実際作品が壊れてしまうという観点から見たら非常に難しい話ですがね。
そういう意味では昔見た天保山ミュージアムだっけな、の個展が忘れられません。
自分が参加してアートが完成し変化する催し物だったので、とても身近でしたよ。




にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへブログランキング・にほんブログ村へ

Category:アートなスポット

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。